「2」も期待しないワケにはイカンでしょ!

2015年6月16日 ミルクマン斉藤 ピッチ・パーフェクト ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ピッチ・パーフェクト

下卑ネタ込みの定番学園コメディに見せかけて、とんでもなく上質なアカペラ・パフォーマンス(単に巧いのではない。アマチュアの匂いを漂わせつつ、ちゃんとエンタテインメントしてくれるのだ)と、ネジれまくったキャラクターたちの真っ直ぐな結束に涙する傑作がようやく公開。アナ・ケンドリックのコメディエンヌとしての才はこのあたりから覚醒したんだと思うが、存在自体が笑えるファット・エイミー役レベル・ウィルソンと、底知れぬ不気味さを漂わせるリリー役ハナ・メイ・リーが僕のお気に入り。『ブレックファスト・クラブ』がこの世代のクラシックであるのも嬉しいし、全体的にジョン・ヒューズへのリスペクトが感じられる演出も最高だ。

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴:映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のすごい映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

近況:

ミルクマン斉藤さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]