シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

良くも悪くもゲームの映画化

  • バイオハザード:ザ・ファイナル
    ★★★★★

     『バイオハザード』シリーズも遂に完結。アリスの出生の秘密をはじめとする数々の謎が明かされるというのが見どころなわけだが、ストーリーの構成としては良くも悪くもゲームの映画化といった感じで、パターン化された展開の連続だ。脇を固める登場人物も次へコマを進めるための道具にしか過ぎない。
     まあ、このシリーズに深い人間ドラマや革新的な映画体験を期待する向きもないだろうから、これはこれで方向性としては正解だとも言える。ただ、画面が全体的に暗いので3Dメガネだとかなり見づらいかも。それと日本の観客にとっては気になるであろうローラの演技なのだが、あまりにも呆気なく消えてしまうんで違う意味でビックリ(笑)。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク