ADVERTISEMENT

初期のタランティーノを彷彿させる破壊力

2017年4月28日 山縣みどり フリー・ファイヤー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
フリー・ファイヤー

IRA支援を目的とした武器取引が切れやすいバカ男のせいでカオス状態となるわけで、映画の75%くらいは銃撃戦。見終わって頭に浮かんだのが「一体、何発撃ったの?」ということで、戦争映画もかくやの発砲数だ。しかも70年代のライフルや拳銃は精度が低いのか、即死しないのがミソ。撃たれても会話ができ、意外な本音や欲望が飛び出すのが笑える。過激なバイオレンスに笑いを混ぜる演出スタイルや全体のニュアンス、登場人物の腹の探り合いといった流れが『レザボア・ドッグス』で斬新&ユニークな映画制作術を作り上げたQ・タランティーノに通じるが、破壊力はそれ以上かも。逸材ベン・ウィートリーの名前は覚えておきたい。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:最近、役者名を誤表記する失敗が続き、猛省しています。配給会社様や読者様からの指摘を受けるまで気づかない不始末ぶりで、本当に申し訳ありません。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT