ADVERTISEMENT

ひたすら撃ちまくるタランティーノ風B級バイオレンス

2017年4月29日 なかざわひでゆき フリー・ファイヤー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
フリー・ファイヤー

 武器密売の取引現場で交渉が決裂。寂れた倉庫を舞台に、ギャングと武器商人とテロリストが入り乱れての銃撃戦が勃発する。アクの強いイカレたキャラの群像劇といい、捻りの効いたセリフの数々といい、いかにも痛そうな暴力描写といい、誰が見たってタランティーノからの影響大なB級バイオレンス映画だ。
 上映時間は90分とだいぶコンパクトだが、その大半がひたすら拳銃の撃ち合い。さすがに中だるみは否めないだろう。しかも、みんな死にそうでなかなか死なないし(笑)。
 紅一点のブリー・ラーソンは役得。あと、あっという間に退場する殺し屋にパトリック・バーギン。90年代の超売れっ子ぶりは何だったんだろうと今更ながら思う。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT