シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

色彩で表現する、史上最も美しい詩的な黒人映画

  • ムーンライト
    ★★★★★

     トッド・ヘインズの『キャロル』に次いで、美しく描いてこそLGBTQへの偏見をはね返すことが出来るという強い信念が、通奏低音として流れている。こんなにもカラフルな黒人映画はいまだかつてなかった。色彩を際立たせる撮影とポスプロに唸らされる。人種・同性愛・貧困。声高に訴えることなく、怒りを内に秘めつつも状況に合わせ、ナイーブだった子供が、やがて強靱さを手に入れて成長する、逞しさとやるせなさ。9歳、16歳、26歳――ロジックではなくエモーションで繫がる三章構成。マハーシャラ・アリの存在は、生きるよすがとして、性的あこがれとして、少年の心の中で生き続けたことを示唆する、寡黙で詩的な演出が素晴らしい。

⇒映画短評の見方

清水 節

清水 節

略歴: 映画評論家・クリエイティブディレクター●映画.com、シネマトゥデイ、FLIX、ニッポン放送●「PREMIERE」「STARLOG」等で執筆・執筆、「Dramatic!」編集長、海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書に「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画・構成・取材で国際エミー賞、ギャラクシー賞、民放連最優秀賞 受賞

近況: ●「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」劇場パンフ寄稿●「ULTRAMAN ARCHIVES」企画構成取材●「シド・ミード展」未来会議ブレーン、図録寄稿●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

» 清水 節 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク