シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

日本ロケ映画の新たな幕開け

  • マンハント
    ★★★★★

    まずは大阪の街中をはじめとする、日本での大規模ロケを実現させた製作スタッフに賛辞を贈りたい。
    憧れのジョン・ウー印の映画を日本で実現させたいという映画人のピュアな夢が周囲を巻き込んだ結果だと思うが、これで多少は日本はロケがしづらいという対外での悪評を払拭できたのでは? 
    その点で語り継がれる映画になるに違いない。
    確かにツッコミどころは満載だ。
    だがそもそもオマージュを捧げた『君よ 憤怒の河を渉れ』自体が相当ぶっ飛んだ佐藤純彌映画であった事を忘れてはいけない。
    むしろ本家が熊の襲撃に新宿で馬を爆走させたことを思えば、こちらは正統派の趣すらある。
    娯楽アクションとして文句ナシ!

⇒映画短評の見方

中山 治美

中山 治美

略歴: 茨城県出身。スポーツ紙記者を経てフリーの映画ジャーナリストに。週刊女性、GISELe、日本映画navi、goo映画、スカイパーフェクトTV(ぴあ)、朝日新聞webサイトおしごと博物館内で「おしごとシアター」などで執筆中。いつの間にやら映画祭を回るのがライフワークとなっている。お気に入りはオランダ・ロッテルダム国際映画祭とスペインのサンセバスチャン国際映画祭。

近況: 本サイトで「映画で何ができるのか?」と「ぐるっと!世界の映画祭」を連載中。また、編集に携わった塚本晋也監督・著「『野火』全記録」(洋泉社)、DVDマガジン「石原裕次郎シアター」(朝日新聞社)が発売中デス。

サイト: https://www.oshihaku.jp/series/00007

» 中山 治美 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク