シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

三部作が完結した後に見えてくる光景がある

  •  なるほどこう来たか。前作でこの世界の構造は明らかになったので、謎が解けた後に物語を牽引する要素は何なのかと思ったら、今度は主人公の信念が試されるのだ。
     そして、三部作としての完結ぶりが見事。見終わって全作を振り返ると、それぞれがまったく異なる世界を見せてくれたことが確認できる。舞台も別々で、第1作は閉ざされた謎の迷宮、第2作は荒れ果てた大地、第3作は先端科学の大都市。そして本作の最後が、さらにその先にあるものを予感させくれる。それと同時に、この物語はシリーズ名の通りで、迷宮は第1作にだけあったのではなく、3作それぞれがタイプの異なる迷宮であったことに気づかせてくれるのだ。

⇒映画短評の見方

平沢 薫

平沢 薫

略歴: 映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。著作に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況: 「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」@Netflixを視聴中。ホーンティング・ハウスものだけどひと捻り。子供時代に呪われた館で過ごした子供たち5人が、そのトラウマを抱えたまま大人になり、彼らの「現在」と「子供時代」が並行して描かれるという趣向。さらに、同じ出来事が別の人物の視点から描かれて、別の意味が見えてきたり。クリエイターは「ジェラルドのゲーム」のマイク・フラナガン。彼は現在、スティーブン・キングの「シャイニング」続編、「ドクター・スリープ」を撮影中。

» 平沢 薫 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク