ADVERTISEMENT

時代設定がはまる

2021年12月15日 村松 健太郎 キングスマン:ファースト・エージェント ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
キングスマン:ファースト・エージェント

人気シリーズ第3弾にして、エピソードゼロ。
”過剰なまでの英国紳士ぶり”に重点を置いているこのシリーズにおいて、まだギリギリ”貴族文化”が通用していた第一次世界大戦の時期を舞台に設定したことで、この部分がとても映えるようになりました。
エピソードゼロということで、キャストが完全に変わってしまっていることを良しとするか残念とするかは意見が分かれるところでしょうが、レイフ・ファインズの名家の平和主義の貴族の当主という役どころは、見事にはまります。敵役でいうとやはり怪僧ラスプーチンを演じたリス・エヴァンスは圧倒的な存在感です。トム・ホランダーの3役には笑いました。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆屋。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT