シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

次作への壮大な予告編

  • るろうに剣心 京都大火編
    ★★★★

    前作同様、大友演出のドラマと谷垣演出のアクションのバランスの悪さは気になるが、今回も膨大なエピソードからのチョイスやアレンジは原作ファンを唸らせる。さらに、土屋太鳳や三浦涼介など、新たな参戦組が原作キャラを超えるほど素晴らしい。
    冒頭の志々雄登場シーンは大友監督の指示から、しっかり『香港国際警察/NEW POLICE STORY』になったが、その後も原作が先ながら、宗次朗は『SPL/狼よ静かに死ね』のウー・ジンに、屋根を走る剣心や蒼紫VS翁は『捜査官X』のドニー・イェンとジミー・ウォングとシンクロする楽しみも。それにしても、これだけ見せ場が満載ながら、次作への壮大な予告編なのはスゴすぎ!

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『あの頃、君を追いかけた』『妻の愛、娘の時』『リグレッション』『ブレイン・ゲーム』『香港製造/メイド・イン・ホンコン』『榎田貿易堂』『ボス・ベイビー』『友罪』『フューチャーワールド』『聖なるもの』『カンフー・ヨガ』『星くず兄弟の新たな伝説』『風の色』『マンハント』『犬猿』『チェリーボーイズ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「TV LIFE」にて高杉真宙、「映画秘宝」にて吉田恵輔監督、「DVD&配信でーた」にて新井秀樹×吉田恵輔監督、森崎ウィン、中川大志「CREA WEB」にて佐野勇斗インタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク