“ニチアサ”臭がスゴい

2021年7月25日 くれい響 サイコ・ゴアマン ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
サイコ・ゴアマン

同じカナダの映像集団「RKSS」(『ターボキッド』『サマー・オブ・84』)の好敵手といえる、80年代愛が強すぎる「アストロン6」の新作。クリーチャーから放たれるゴム素材の匂いに、謎のゲーム“クレイジーボール”などのオフビートな笑い、さらに曽我町子リスペクトにしか見えないウイッチマスター(声:黒沢あすか!)など、“ニチアサ”臭がスゴい。そして、怖いモノ知らずの少女・ミミとサイコ・ゴアマンと名付けられた残虐宇宙人のイジりイジられの関係性は、まるでアラレちゃんとニコチャン大王のようだ。そんな地球滅亡の危機が裏庭で展開されるミニマムな世界観と容赦ないゴア描写の融合に、終始頬が緩みっ放し。

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:『少年の君』『唐人街探偵 東京MISSION』『星空のむこうの国』『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』『藍に響け』『裏アカ』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、キネマ旬報ムック「細田守とスタジオ地図の10年」にて細田守監督×ポン・ジュノ監督、「TV LIFE」にて金子大地さん、河合優実さん&祷キララさん、細田佳央太さん、高杉真宙さん、「EVIL A MAG」にてB.O.L.Tさん、「CREA WEB」にて渡部秀さんなどのインタビュー記事も掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]