シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
オリエント急行殺人事件
(C) 2017Twentieth Century Fox Film Corporation
英題:
MURDER ON THE ORIENT EXPRESS
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年12月8日
上映時間:
配給:
20世紀フォックス映画
製作:
キンバーグ・ジャンル / マーク・ゴードン・カンパニー / スコット・フリー
カラー

見どころ:これまで幾度も映像化されてきたアガサ・クリスティの傑作ミステリーを映画化。ヨーロッパ各地を巡る豪華列車を舞台に、世界的な名探偵エルキュール・ポアロが客室で起きた刺殺事件の解明に挑む。『ヘンリー五世』『世にも憂鬱なハムレットたち』などのケネス・ブラナーが監督と主演を兼任。さらにジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルスら豪華キャストが集結する。

あらすじ:トルコ発フランス行きの豪華寝台列車オリエント急行で、アメリカ人富豪のエドワード・ラチェット(ジョニー・デップ)が刺殺体で発見される。偶然列車に乗り合わせていた探偵のエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)が、鉄道会社に頼まれ密室殺人事件の解明に挑む。乗客のゲアハルト・ハードマン教授(ウィレム・デフォー)やドラゴミロフ公爵夫人(ジュディ・デンチ)、宣教師のピラール・エストラバドス(ペネロペ・クルス)、キャロライン・ハバード(ミシェル・ファイファー)らに聞き取りを行うポアロだったが……。

オリエント急行殺人事件
(C) 2017Twentieth Century Fox Film Corporation

映画短評

  • 清水 節
    大仰な口髭に象徴されるデフォルメし過ぎたポアロ監督の戦略ミス
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ポアロの大仰な口髭に難点が象徴されている。大事件を用意しキャラ立てを強調する導入。原作になき雪崩スペクタクルやアクションの挿入。65ミリフィルム撮影による誇張された空間演出。パイレーツと007上司と銀河のヒロインが競演を果たすオールスター大作感。有名なミステリーの変えようのない結末へどう運ぶか。74年版の名作を如何に超えるか。監督も兼ねたポアロ=ケネス・ブラナーの戦略は涙ぐましいが、容疑者たちが「最後の晩餐」よろしく居並ぶ場面でデフォルメはピークに達す。勧善懲悪がテーマならそれもいい。切実な動機、犯人の悲哀を描き、名探偵の人間味が露わになる本作の味わいに、これらの戦略は全くもってそぐわない。

  • くれい響
    いかにも、お正月向けのオールスター映画
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    15年正月に三谷幸喜脚色のスペシャルドラマが放送されているだけに、日本では懐かしさも何もないが、お正月らしさ満載のオールスター映画であることに間違いない。なかでも、目を惹くキャスティングは、聡明らしさがレイと異なるデイジー・リドリー。また、ケネス・ブラナーがクローズド・サークルのミステリーを演出するからといって、ガチに演劇的でないところが本作のミソ。『アバランチ・エクスプレス』ばりの雪崩シーンに、「最後の晩餐」をイメージしたクライマックスの推理シーンといった、意外な見せ場も用意。ほぼ制作決定の次回作『ナイル殺人事件』だが、吹き替え版では名曲「ミステリー・ナイル」のカバーを流してほしいものだ。

  • なかざわひでゆき
    古き良きハリウッド映画の味わいを今に伝える格調高さが魅力
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     アガサ・クリスティのあまりにも有名な推理小説の2度目の映画化。しかも、前回のシドニー・ルメット版はミステリー映画史上でも指折りの傑作だ。さすがに無謀な企画とも言えよう。
     とはいえ、そこはさすがケネス・ブラナー監督。軽快なストーリー運びや登場人物の現代的解釈など、そこかしこに21世紀仕様のアップデートを施しつつ、1930年代を舞台にした原作の優雅な格調高さはしっかりと残している。
     確かにルメット版を見ていれば謎解きのトリックは分かり切っているし、オールスターキャストの顔ぶれもルメット版に比べて風格に劣ることは否めないが、古き良きハリウッド映画の味わいを今に伝える作品として十分に楽しめる。

  • 平沢 薫
    白熱の演技合戦 VS 映画的な空間演出
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     まずは白熱の演技合戦が見もの。列車の乗客全員が容疑者なので、登場人物が多く、各自がフィルムに登場する時間は少ない。その限られた時間の中で、どれだけその人物の個性を際立たせられるのか。それをベテラン俳優からブレイク寸前俳優までが同じ土俵の上で競い合い、それを俳優でもあるケネス・ブラナー監督が余さず映し出す。
     加えて監督が力を注いだのは、物語を車内という限定空間から解放して、大きな光景を見せること。何しろ65mmフィルムによるシネスコ映像。冒頭シーンや車外の広大な風景に加えて、列車内も、ひと続きの長い空間として捉えたり真上から俯瞰するなどの演出で、映画的な空間の創出を試みている。

  • 猿渡 由紀
    適切にアップデートされていて、もっと納得がいく
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    誰が殺したかの答は同じながら、今作では、殺した側の苦悩や悲しみがもっと描かれている。答の明かされ方も、もっとドラマチック。1974年版の終わり方は、今の観客ならばやや抵抗を感じるのではと思われるが、そこもアップデートされた。また、密室内の物語でありながら、今回は登場人物たちをもっと外に連れ出しているのも、ビジュアル的に変化が出て楽しい。オールスターキャストなのは今回も同じ。だが、ここでも、できるかぎり違った人種を入れるなど、21世紀らしい心配りが見られる。

  • 山縣みどり
    ケネス・ブラナー版ポアロは人情派!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    灰色の脳細胞を持つ天才探偵が久々に復活! 65mmフィルムでスペクタクル感を増大した映像美が凝り性のケネス・ブラナー監督らしい。ただし原作が有名すぎて物語を多少ヒネるくらいしかできないのが辛いところ。しかも多数の登場人物にスターを配役したので、出演場面やセリフが均等に少なくなり、役者がャラクター作りに苦労したのがわかるくらいにみな平板。結果的にはブラナー監督演じるポアロのみが目立つ結果となり、「罪を憎んで人を憎まず」的なポアロらしからぬ言動まで披露。ブラナー監督による新解釈ではポアロは奇矯さが減り、より社会性も増している。次は『ナイル殺人事件』らしいし、ポアロをどんどん成長させる気かな?

  • 相馬 学
    軽妙洒脱なポアロ像に古典ミステリーの新味をみる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     原作を愛読し、最初のシドニー・ルメット版映画も見ている身として、観賞前は正直、今さら感はあったが、この再映画化はなかなか歯応えがあり、その世界に没入してしまった。

     キャストの豪華さはもちろん、それぞれが良い仕事ぶり。えげつなさを身にまとった前半のJ・デップもいいが、ミステリアスな貴婦人になりきって久々に歌声まで聴かせるM・ファイファーもいい。

     しかし、本作の見せ場を持って行くのは監督にして名探偵ポアロ役を兼任したK・ブラナー。今までのポアロ俳優の誰よりも軽妙洒脱で、同時にポアロ自身の成長のドラマも体現している点が新鮮。シェイクスピア劇を現代に甦らせた『から騒ぎ』での妙演を思い出した。

  • 斉藤 博昭
    クリスティーのファン目線で、今これは精一杯!敢闘賞!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    原作も1974年の映画版も結末を知ったうえで体験したので、作品に対して純粋な判断ができなかった。結末を知らずに、今から向き合う人が心底、うらやましい。そういう意味で、もはやこの物語は、伝統芸の歌舞伎に近い。今回も初見では、「ここを、こうしたか」などチェックに忙しかった。そして2回目、できるだけ冷静に観たところ、クライマックスで素直に心を動かされた。原作が名作であることの証明だろう。
    ケネス・ブラナー演じるポアロの語り口は、シェイクスピア劇のような重厚感。パトリック・ドイルのスコアも琴線にふれる。出番は少ないが、ダンサー、セルゲイ・ポルーニンの飛び蹴りが笑っちゃうほど華麗!

予告編・動画

全員名優!『オリエント急行殺人事件』新予告編
映画『オリエント急行殺人事件』予告編
ケネス・ブラナー来日!草刈正雄&山村紅葉と対面! 映画『オリエント急行殺人事件』ジャパンプレミア

» 『オリエント急行殺人事件』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

(C) 2017Twentieth Century Fox Film Corporation

ポスター/チラシ

  • 映画『オリエント急行殺人事件』ポスター
    ポスター

キャスト

エルキュール・ポアロ:
ピラール・エストラバドス:
ゲアハルト・ハードマン:
ドラゴミロフ公爵夫人:
エドワード・ラチェット:
ヘクター・マックィーン:
エドワード・ヘンリー・マスターマン:
ドクター・アーバスノット:
キャロライン・ハバード:
メアリ・デブナム:
ピエール・ミシェル:
ヒルデガルト・シュミッツ:
エレナ・アンドレニ伯爵夫人:
ビニアミノ・マルケス:
ルドルフ・アンドレニ伯爵:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『オリエント急行殺人事件』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「オリエント急行殺人事件」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2017年12月18日 0時39分)
    一週間遅れの感想です(笑)。前回、8割がた書き終わった後にテキストエディタが飛んでしまって(こんなこと初めて)萎えてしまいました。  そんでもって仕切り直し。ある程度の年齢で映画ファンを自称していればこの作品を知らないってことはありませんし、当然私も犯人… ...[外部サイトの続きを読む]
  • オリエント急行殺人事件 評価と感想/俺がポアロだ!ケネス・ブラナーだ! from eigamanzaiの映画レビュー (2017年12月16日 10時46分)
    超豪華海鮮丼みたいでお腹いっぱい ☆3.5点 これまでに何度も映像化されている1934年に発表されたアガサ・クリスティのミステリー小説『オリエント急行の殺人』を1974年以来に映画化。監督・主演のケネス・ブラナーの元、ジョニー・デップをはじめとしたオールスターキャストで描く 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) オリエント急行殺人事件映画『オリエント急行殺人事件』の作品情報:これまで幾度も映像化されてきたアガサ・クリスティの傑作ミステリーを映画化。ヨーロッパ各地を巡る豪華列車を舞台に、世界的な名探&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『オリエント急行殺人事件』★列車に乗り合わせた気分でミステリーにGO! from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2017年12月10日 21時17分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/171734/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・ポアロ:ケネス・ブラナー  監督も ・ラチェット:ジョニー・デップ☆ 初見の方は、犯人さがしが楽しめます。 1975年公開作品や原作などで、犯人はわかっていても オリエント急行に乗り合わせた気分が、楽しめます。 豪華キャス... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「オリエント急行殺人事件」:風格とコクと映画美 from 大江戸時夫の東京温度 (2017年12月10日 1時12分)
    映画『オリエント急行殺人事件』は、1974年のシドニー・ルメット監督作を43年ぶ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年12月4日の週の公開作品
  3. 『オリエント急行殺人事件』