シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
花筐/HANAGATAMI
(C) 唐津映画製作委員会/PSC 2017
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年12月16日
(有楽町スバル座ほか)
上映時間:
配給:
新日本映画社
カラー/DCP/ビスタサイズ

見どころ:『彼女が結婚しない理由』『SADA 戯作・阿部定の生涯』などの大林宣彦監督が、『HOUSE ハウス』より前に書き上げていた脚本を映画化。戦時下を生きた佐賀・唐津の若者たちを描く。主演は『その日のまえに』などで大林監督作品に出演している窪塚俊介。主人公が憧れる美少年に満島真之介、病を患うヒロインに矢作穂香がふんするほか、門脇麦、常盤貴子、武田鉄矢、片岡鶴太郎、高嶋政宏らが顔をそろえる。

あらすじ:1941年春、叔母(常盤貴子)が生活している佐賀・唐津に移り住んだ17歳の俊彦(窪塚俊介)は新学期を迎え、美少年の鵜飼(満島真之介)やお調子者の阿蘇(柄本時生)らと勇気を試す冒険に熱中していた。肺病に苦しむ従妹の美那(矢作穂香)に恋する一方、女友達のあきね(山崎紘菜)や千歳(門脇麦)とも仲がいい。そんな彼らに、いつしか戦争の影が忍び寄り……。

花筐/HANAGATAMI
(C) 唐津映画製作委員会/PSC 2017

映画短評

  • 清水 節
    生に執着する映像詩は、キナ臭い今を乱反射させた厭戦の万華鏡
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     先の戦争前夜の青春群像。大林宣彦は個人映画に回帰したかのような初々しくアヴァンギャルドな映像で、恋を、熱情を、瑞々しく綴る。悲愴感はない。切迫感に満ちている。夢幻的に繰り広げられる様は、狂おしいまでの生への執着。命が刹那に燃焼して終わるやるせなさ。遥か昔の出来事に思えない。戦後がいつしか戦前に切り替わろうとするキナ臭い今を乱反射させた万華鏡のよう。体制への怒りが露わな反戦ではなく、過ちを繰り返すまいと誓い、殺されまいと願う厭戦/非戦。商業映画デビュー作の怪奇幻想譚『HOUSE/ハウス』は現実から逃避させてくれたが、やはり生と死の狂宴の映像詩でありながら、40年目の本作は現実を直視させる。

  • 斉藤 博昭
    作りたいものへの信じがたいまでの純粋さに、ただただ脱帽
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    40年前の『HOUSE/ハウス』を彷彿とさせる大胆な色遣いやライティング。隠れた名作『麗猫伝説』の摩訶不思議な怪奇趣味。そして『青春デンデケデケデケ』を思い出す熱い青春ドラマ……などなど、大林監督が自ら集大成と覚悟したかのような演出に何度も胸が詰まり、そしてそのセルフオマージュが今むしろ新しく感じさせることに驚くばかり。これこそ、巨匠の強い意思のなせる技か。

    ここ数作、監督が込める反戦への思いも静かに深く貫かれるが、あざといメッセージ性は希薄なのが心地よい。
    血と薔薇、ドレスの深紅に誘われながら、169分、夢物語の波に身を任せる感覚。渾身の力作とは、こういうものだろう。

  • 平沢 薫
    昭和初期の香りの和風特撮幻想絵巻
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     昭和初期風味の和風幻想絵巻。それは、原作小説が昭和12年刊行で、大学進学前の青年たちが「君(きみ)」と呼び合い、自宅では和服を着ている世界が描かれているせいでもある。だがそれよりも、大林監督がこの脚本を書いたのが40年前、商業映画デビュー作「HOUSE ハウス」を撮る前だったことが大きいのではないか。本作には「HOUSE」同様の特撮映像ならではの魅力が溢れている。あえて特殊撮影らしく見えることが意識された映像は、虚構だけが持つことができる愉悦を目指して、見る者を陶然とさせる。俳優たちの演技も、昔のモノクロ映画のスタアたちの様式美が意識されて、この幻燈のような紙芝居のような世界を彩っている。

予告編・動画

斎藤工&板谷由夏が『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』など12月中旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『花筐/HANAGATAMI』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『花筐/HANAGATAMI』ポスター
    ポスター
  • 映画『花筐/HANAGATAMI』チラシ
    チラシ
  • 映画『花筐/HANAGATAMI』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『花筐/HANAGATAMI』特製クリアファイル
    特製クリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・編集:
製作・エグゼクティブプロデューサー: 大林恭子
製作: 辻幸徳
協力: 檀太郎
原作: 檀一雄
脚本: 桂千穂
音楽: 山下康介
撮影監督・編集: 三本木久城
美術監督: 竹内公一
照明: 西表燈光
録音: 内田誠
整音: 山本逸美
監督補佐: 松本動
プロデューサー: 山崎輝道

キャスト

榊山俊彦:
鵜飼:
吉良:
阿蘇:
江馬美那:
あきね:
千歳:
江馬圭子:
山内教授:
一条医師:
江馬家の婆や:
俊彦の父:
俊彦の母:
江馬圭子の夫・良:
吉良の下宿の老婆:
糸島の父:
娼家の女:
娼婦:
憲兵:
憲兵を恋する少女:
出征する女形:
女形を送る長老:
文士:
山内の母:
あきねの父:
あきねの兄:
唐津くんちのおじいさん:
老いたる俊彦:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『花筐/HANAGATAMI』の映画ニュース

  • 毎日新聞社とスポーツニッポンが主催し、72回目を迎える「毎日映画コンクール」のオープニングセレモニーが15日、神奈川県・ミューザ川崎シンフォニーホールで開催。『あゝ...宙、伊東蒼、田中絹代賞受賞の水野久美、『花筐/HANAGATAMI』で日本映画大賞を受賞した大林宣彦監督ら...
  • 肺ガンにより、一時は余命宣告を受けたことを明かしていた大林宣彦監督が12日、都内で行われた「2017年第91回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」に出席。『花筐/HANAGATAMI』で...
  • 俳優の菅田将暉が12日、東京都・文京シビックホールで行われた「2017年第91回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」に出席した。『あゝ、荒野』『火花』『帝一の國』『キセキ −あ...者は以下の通り 日本映画監督賞:大林宣彦『花筐/HANAGATAMI』 日本映画脚本賞:石井裕也『映画 夜空は...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 大林宣彦監督最新作「花筐」を12のキーワードで読み解く! from エンターテイメント日誌 (2018年3月1日 15時18分)
    大林宣彦監督「花筐/HANAGATAMI」の原作は「火宅の人」で有名な檀一雄。シ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 花筐/HANAGATAMI 評価と感想/大林宣彦監督79歳にして攻めてます from eigamanzaiの映画レビュー (2018年1月2日 1時2分)
    映像的紙芝居とか浄瑠璃とか ☆5点 1937年に発表された檀一雄の処女作品集「花筐」を原作に、大林宣彦監督がデビュー作『HOUSE ハウス』以前に書き上げていた脚本を40年の時を経て映画化。主演は窪塚俊介、共演に満島真之介、長塚圭史、常盤貴子、矢作穂香、柄本時生、門脇麦、山崎紘菜 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) 花筐/HANAGATAMI映画『花筐/HANAGATAMI』の作品情報:『彼女が結婚しない理由』『SADA 戯作・阿部定の生涯』などの大林宣彦監督が、『HOUSE ハウス』より前に書&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「花筐 HANAGATAMI」: from 大江戸時夫の東京温度 (2017年12月29日 23時22分)
    映画『花筐 HANAGATAMI』は、 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 花筐/ HANAGATAMI・・・・・評価額1750円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2017年12月9日 23時57分)
    あゝ、幻想の青春、幻想の時代よ。 大林宣彦監督による、遺言的?古里三部作?にして?戦争三部作?の最終章。? 新潟県長岡、北海道芦部に続いて舞台となるのは、玄界灘を望む佐賀県の唐津。 太平洋戦争開戦直前の時代、若者たちの群像劇が繰り広げられる。 ?本作が「この空の花 長岡花火物語」「野のなななのか」の延長線上にあるのは明らかだが、昭和の文豪・檀一雄の短編小説から脚色された物語は、幻... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年12月11日の週の公開作品
  3. 『花筐/HANAGATAMI』