ADVERTISEMENT

あの頃輝いていたけれど (2022) 映画短評

2022年9月16日公開 104分

あの頃輝いていたけれど
猿渡 由紀

素直に感動でき、温かい気持ちになれる

猿渡 由紀 評価: ★★★★★ ★★★★★

予想が簡単につきそうな設定ながら、微妙に思ったのとは違う展開になったりして、飽きさせない。友情物語として素直に感動でき、温かい気持ちになれる。主人公ヴィンスは、20年前には人気ボーイバンドのメンバーとして有名だったのに、今や街のパブでもライブをやらせてもらえない惨めな状況にいる。エド・スクレインはそんなキャラクターを好感度たっぷりに演じ、観る者に思い入れをさせる。監督のエディ・スターンバーグは、自閉症の従兄弟にインスピレーションを得てヴィンスの音楽パートナーとなるスティーブの役を書いたとか。そんなパーソナルなこともあって、単にありきたりにはならなかったのかもしれない。

この短評にはネタバレを含んでいます
ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT