ADVERTISEMENT

トゥモロー・モーニング (2022) 映画短評

2022年12月16日公開 110分

トゥモロー・モーニング
(C) Tomorrow Morning UK Ltd. and Visualize Films Ltd. Exclusively licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan

ライター2人の平均評価: ★★★★★ ★★★★★ 3

なかざわひでゆき

ありふれた話もミュージカルだからこそ輝き出す

なかざわひでゆき 評価: ★★★★★ ★★★★★

 大恋愛の末に結ばれ子宝にも恵まれたものの、結婚10年目にして破局してしまった夫婦。いよいよ明日には協議が成立する。そんな離婚前夜を迎えた夫と妻のそれぞれが、懐かしい結婚前夜の出来事を思い出しつつ、どうしてこうなってしまったのかを自問自答していく。ありふれた話といえばその通りだが、しかし本作はそれをミュージカルに仕立てることで、主人公たちの繊細な心の揺れ動きを丹念にすくい上げていく。セリフだと作為的に感じられるような言葉も、歌詞としてメロディに乗せると違和感が消え、むしろ直接感情へ訴えかけてくる。極めてシンプルな話だからこそ、そんなミュージカルの醍醐味をストレートに楽しませてくれる映画だ。

この短評にはネタバレを含んでいます
斉藤 博昭

ミュージカル界の最高の才能が、映画でも通用することを目撃

斉藤 博昭 評価: ★★★★★ ★★★★★

ここまでキャストの実力に頼るミュージカル映画も少ない。恋が燃え上がる20代と、そのカップルが別れの危機を迎える30代。10年の歳月が行き来する展開は、各時代を別のキャストが演じたオリジナル舞台版と違い、この映画版で一人に託される。それだけでハードな挑戦なのだが、主演2人は、それぞれの年代の喜びや悩み、すれ違う想いをきめ細やかに歌に込めており、共感の渦に巻き込れる人も多いだろう。
ダンスナンバーはわずかで、圧倒的に歌唱力を満喫させる作り。男性側ラミン・カリムルーを本作で初めて観る人は、ワイルドさと繊細さを自在に行き来する“神ボーカル”と、2つの時代が向き合うシーンでの演じ分けに感嘆するはず。

この短評にはネタバレを含んでいます
ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT