シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「チェ・ヒソ」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全2件)

金子文子と朴烈(パクヨル)
『パパロッティ』などのイ・ジェフンと、チェ・ヒソを主演に迎え、実在の人物である金子文子氏と朴烈氏の愛と闘争を描いた人間ドラマ。大正期の日本を舞台に、若きアナキス...守珍らが共演。 1923年の東京、金子文子(チェ・ヒソ)は社会主義者たちの溜まり場となっていた...
2019年2月16日公開
空と風と星の詩人 ~尹東柱の生涯~
韓国の詩人・尹東柱の生涯を、詩とモノクロ映像でつづる伝記ドラマ。朝鮮半島が日本の統治下にあった時代、27歳の若さでこの世を去った彼の青春を、独立運動に身を投じた宋...
2017年7月22日公開

映画ニュース (全6件)

運命の出会い!?『金子文子と朴烈』主演女優が新人監督と組んだキッカケ
公開中の出演作『金子文子と朴烈(パクヨル)』(イ・ジュンイク監督)がスマッシュヒットとなっている韓国女優チェ・ヒソの最新作『アワ・ボディ』が第14回大阪アジアン映...
2019年3月25日掲載
ベトナム版『パパとムスメの7日間』が日本初上映
第14回大阪アジアン映画祭のラインナップが8日に発表され、五十嵐貴久の同名小説が原作のベトナム版『パパとムスメの7日間』がクロージング上映されることが決まった。同作...公開)の演技で韓国の新人賞を総ナメにしたチェ・ヒソ主演の『アワ・ボディ』(2018・韓国)など...
2019年2月12日掲載
【第23回釜山国際映画祭】第23回釜山国際映画祭「今年の俳優賞」は女優2人が受賞、日本勢受賞逃す
13日、第23回釜山国際映画祭(BIFF)の閉幕会見が海雲台グランドホテルで行われ、國村隼が審査員として名を連ねたニュー・カレント賞のほか、各アワードの受賞者が発表され...1名ずつではなく女優2名を選出。その一人チェ・ヒソは、長い無名時代を経験し『空と風と星の詩...
2018年10月13日掲載
日韓の歴史を振り返るきっかけとなる作品で開幕!第13回大阪アジアン映画祭
第13回大阪アジアン映画祭が9日、大阪・阪急うめだホールで開幕した。オープニング作品は韓国映画『朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト』(イ・ジュンイク監督)で、...主演女優チェ・ヒソが舞台挨拶を行った。 ![第13回大阪アジア...
2018年3月12日掲載
反日風潮の強化にはしない!韓国映画を筆頭にボーダーレスな作品が並ぶ第13回大阪アジアン映画祭
第13回大阪アジアン映画祭のラインナップがこのほど発表となり、オープニング作品に1923年に起こった朴烈(ぼくれつ)事件で知られる無政府主義者・朴烈と金子文子の愛と闘...ク。韓国では昨夏に公開され、文子役の新鋭チェ・ヒソは“韓国のアカデミー賞”こと大鐘賞映画祭で...
2018年2月18日掲載
ソン・ガンホ主演映画が3冠!鶴見辰吾を「私の友人」と紹介
韓国の映画賞、第26回釜日映画賞の授賞式が13日、韓国・釜山のBEXCOオーディトリウムで行われ、国民的俳優ソン・ガンホ主演『タクシー・ドライバー(英題)/The Taxi Drive...ーン(英題)/ Jane』 【新人女性演技賞】 チェ・ヒソ『アナーキスト・フローム・コロニー(英題...
2017年10月16日掲載