第17回東京国際映画祭、オープニングは『隠し剣鬼の爪』と『ハウルの動く城』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
審査委員長も務める山田洋次監督と永瀬正敏 - 東京国際映画祭記者会見より

 第17回東京国際映画祭のラインナップが発表され、今年のオープニング作品は山田洋次監督の『隠し剣鬼の爪』、オープニング・ナイトの作品に『ハウルの動く城』が上映されることに決まった。また、クロージング作品にはスティーヴン・スピルバーグ監督の『ターミナル』が選ばれた。

 映画祭コンペティション部門の審査委員長も務める山田監督はこの日、『隠し剣鬼の爪』の主演俳優、永瀬正敏ととも記者会見場に現れ「映画を評価しながら観るのは楽しくないし、審査員になるのはどうかと思ったが映画祭のゼネラル・プロデューサーである角川氏にわたしの映画作りのコンセプトが、自分の考えていることと重なると熱心に説得され、審査員を引き受けた。受けた以上は一生懸命やる」と述べた。

 コンペティション部門にはさまざまな国よりエントリーされた300本の作品から映画祭の選定委員が選んだ15本が上映される。日本からは倍賞美津子主演の『ニワトリはハダシだ』、上戸彩主演の『インストール』奥田瑛二監督の『るにん』がエントリーされている。
 
東京国際映画祭は六本木ヒルズと渋谷Bunkamuraで10月23日から10月31日まで開催。

公式サイト:http//www.tiff-jp.net/

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]