「最後は日本で!」ジョージ・ルーカスに700人が感動の拍手

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
苦手な写真撮影に必死で耐えたジョージ・ルーカス監督

『スター・ウォーズ』伝説を完結させる最後のエピソードがついに日本で公開される。ジョージ・ルーカス監督がアナキン役のヘイデン・クリステンセン、パルパティーン最高議長役のイアン・マクダーミドらとともに来日し記者会見を開いた。

会場には記者540名、ムービー58台、スチール130名と、総勢700名以上が詰め掛けた。記念すべき最後の会見だけにヒートアップした取材陣の勢いに、会場が一時騒然とする一幕もあった。

監督は『スター・ウォーズ』シリーズ最後の記者会見開催の地に、日本を希望したことについて「本作に多大な影響を与えた地であり、私の心の故郷(ふるさと)だから」と述べ、さらに「ぜひ日本の皆さん全員に観ていただきたい!」と1億2千万人の国民にアピールした。

[PR]

 最後にゲストがあいさつを終え席を立つと、取材陣から会見が終わることを惜しむかのような拍手がわき起こった。ルーカス監督らはいつまでも鳴りやまない拍手に感動した様子で、名残惜しそうに何度も振り返りながら会場をあとにした。

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 』は7月9日から日劇1ほかにて公開。
公式サイトfoxjapan.com

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]