『シン・シティ』のCMに、広告基準協会がダメ出し

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『シン・シティ』の場面写真より

 ブルース・ウィリスミッキー・ローククライヴ・オーウェンが出演する新作『シン・シティ』のCMが、「子供にふさわしくない」として広告基準協会(ASA)から禁じられてしまった。この作品はロバート・ロドリゲスフランク・ミラーの共同監督に、クエンティン・タランティーノが特別監督として加わったR-18指定のアクション。問題のCMはバスの待合場所に設置され、ボタンを押せば映画のクリップや静止画を見ることができる。ASAは、「このクリップには、人々がお互いに銃を放つシーンや、殴り合い、車のクラッシュなど、子供たちが見るのにふさわしくない暴力的なシーンが含まれている」とコメント。宣伝会社は「クリップはR-15の予告編から注意深く選ばれており、バス停のボタンも子供が届かない高い位置に設置してある」と反論しているが、ASAはこの宣伝を繰り返さないよう警告している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]