「ヤング・スーパーマン」のクリエイターが第8シーズンを前に降板

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ヤング・スーパーマン」で主人公のクラーク・ケントを演じるトム・ウェリング - Mark Sullivan / wireimage.com

 人気テレビドラマ「ヤング・スーパーマン」のクリエイター、アルフレッド・ガフマイルズ・ミラーが、第7シーズンを最後に番組を去ることを発表した。ガフとミラーは「番組はわれわれなしで第8シーズンへと続くことになります」とコメントし、ほかのプロジェクトへと進む時期だと感じたと述べている。テレビドラマ「ギルモア・ガールズ」も最終シーズンをクリエイターなしで乗り切ったが、視聴率が低いまま幕を閉じ、二の舞か? との見方もある。

【関連記事】マイケル・ローゼンバウム、「ヤング・スーパーマン」の監督に
【関連記事】T・ウェリング、コメディには真剣
【関連記事】T・ウェリング、「ヤングスーパーマン」を2度断っていた!

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]