実写版映画『ドラゴンボール』の悟空役が『ドニー・ダーコ』続編へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジャスティン・チャットウィン - David Livingston / Getty Images

 実写版映画『ドラゴンボール』で主人公の孫悟空を演じるジャスティン・チャットウィンが、2001年の映画『ドニー・ダーコ』の続編へ出演することが明らかになった。スクリーン・デイリー紙が伝えたところによると、『ドニー・ダーコ』の続編のタイトルは『S. ダーコ』(原題)で、前作でジェイク・ギレンホール演じるドニー・ダーコの妹サマンサを主人公にした物語になるそうだ。サマンサは引き続きデイヴィー・チェイスがふんし、前作から7年後の世界を舞台に、18歳になったサマンサは親友のコリーとともにロサンゼルスへのロードトリップに出掛けるが、その際2人は奇妙なビジョンに悩まされるというストーリーになる。テレビドラマ「ゴシップ・ガール」(原題)のエド・ウエストウィックとブリアナ・エヴィガンも出演し、撮影は5月18日から開始される。前作で衝撃の監督デビューを果たしたリチャード・ケリー監督は続編には関わっていない。

 撮影が終了した実写版映画『ドラゴンボール』に関しては、徐々に日本でも情報が明らかになってきており、12日に発売された週刊少年ジャンプには悟空にふんしたジャスティンの画像が掲載されていて、ファンの期待も高まってきている。

【関連記事】実写版映画『ドラゴンボール』で悟空の死亡は『ドラゴンボール2』最初に…
【関連記事】実写版映画『ドラゴンボール』日本の20世紀フォックスが3月公開と正式に発表!
【関連記事】実写版映画『ドラゴンボール』続編、来年には撮影開始か?
【関連記事】実写版映画『ドラゴンボール』田村英里子がフィギュア制作のために身体をスキャンされた!
【関連記事】田村英里子、ブログで大興奮!実写版映画『ドラゴンボール』への出演決定喜ぶ

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]