イザイア・ワシントン、降板した「グレイズ・アナトミー」が写真を使ったことに抗議

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イザイア・ワシントン - Stephen Shugerman / Getty Images

 テレビドラマ「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」を降板させられたイザイア・ワシントンが同ドラマに対し、映画俳優組合(SAG)に正式に抗議を提出したとTMZ.comが報じている。イザイアが抗議しているのは、予告編で自分が演じていたキャラクターのプレストン・バーク医師に関するニュースがテレビに流れるシーン。これをサンドラ・オー演じるクリスティーナが凝視するのだが、実際にバーク医師の写真が画面に映っていたため、イザイアは憤慨。ストーリーの流れとして自分のキャラクターを使うことはできるが、写真は使うのはおかしいと抗議した。弁護士がロイターに語ったところによると、金額は明らかにしていないものの、金銭的解決を求めていくという。イザイアは第3シーズンを最後に同ドラマを降板。第4シーズンは今秋からWOWOWで放送が決定している。

【関連記事】「グレイズ・アナトミー」イザイア・ワシントン、スポ根ドラマで復活か?
【関連記事】イザイア・ワシントン、今度は「黒人だからクビにされた」と発言
【関連記事】イザイア・ワシントン、「T・R・ナイトがクビになるべきだった」
【関連記事】イザイア・ワシントン、クビについて語る
【関連記事】「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」のゲイ騒動、ゴールデン・グローブ賞で再び
【関連記事】イザイア・ワシントン、不適切な発言と行動を謝罪

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]