マイケル・ベイ、西洋版「コックリさん」を題材にした映画を企画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マイケル・ベイ

 マイケル・ベイが主宰する制作会社プラチナム・デューンの次回作の企画が明らかになった。ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、映画『テキサス・チェーンソー』やリメイク版映画『ヒッチャー』を手掛けてきた同社が、アメリカの玩具メーカーのハズブロ社が販売している「ウィジャボード(Ouija Board)」を題材にした映画を製作するそうだ。「ウィジャボード」とは、日本ではなじみのない名前だが、「コックリさん」といえば日本人なら誰しも理解できるのではないだろうか。降霊術で使われる霊応盤(文字盤)のことで、アルファベットと数字のほか、Yes(はい)やNo(いいえ)などが書かれた盤の上を「プランシェット」と呼ばれる文字を指し示す板を滑らして楽しむものだ。

 映画は、日本の「コックリさん」から想像できるようにスーパーナチュラル・アドベンチャーストーリーとなる予定で、今回の映画化はハズブロ社とユニヴァーサルとの6年間の戦略的パートナーシップによって実現した企画だ。

 「コックリさん」といえば、日本の怪談話に必ずといっていいほど登場する禁断の遊びで、最近では韓国のアン・ビョンギ監督によって映画『コックリさん』というホラー映画が製作されている。

【関連記事】『トランスフォーマー2』のヒロインは反捕鯨活動家の美人女優
【関連記事】『トランスフォーマー2』のヒロインはオーストラリアの新人女優か?
【関連記事】新『13日の金曜日』の殺人鬼ジェイソンの母親決定
【関連記事】マイケル・ベイによる新『13日の金曜日』のヒロイン決定

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]