少女ヌードは芸術か?幼児ポルノか?ケイト・ブランシェットは芸術と主張

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ケイト・ブランシェットの主張は果たして? - Don Arnold / wireImage.com

 12歳や13歳の少年、少女のヌード写真が含まれているという理由で、シドニーで開催予定だった写真家ビル・ヘンソンの展覧会を中止したオーストラリア政府に反対する署名入り公開書面が発表された。署名しているのは、オーストラリアの作家、アーティストなど数十名。オスカー女優ケイト・ブランシェットの名前もある。

 ビルはニューヨーク、パリなどでも展覧会が開かれているオーストラリア出身の写真家で、最近は思春期をテーマとした作品を多く撮っている。シドニーのロズリン・オックスレイ9・ギャラリーで開催予定の展覧会に、児童保護活動家からクレームがつき、写真が押収された。オーストラリアでは“芸術か、わいせつか”という議論が巻き起こっている。ケイトらの書面は、「ビルの作品はチャイルド・ポルノに関連するものではなく、世界的に権威あるキュレーター、批評家の判断によっても明らかに芸術であるとされた」とし、ラッド首相に再考をうながすもの。

 第三子出産後まもなく、政府主催の芸術・文化関連の会合に出席し、ラッド首相から感謝の意を表されていたケイトだが、産後の疲れを押してがんばったのはラッド首相のためではなく、芸術・文化のためだったことがはっきりしたようだ。

【関連記事】ケイト・ブランシェット、カンヌで出産後初のレッド・カーペット
【関連記事】ボブ・ディランから励まされたトッド・ヘインズ監督が『アイム・ノット・ゼア』を語る
【関連記事】ケイト・ブランシェット出産!3人目も男の子!
【関連記事】10個のクリスタルがポイント?「インディ・ジョーンズ4」の内容が明らかに!

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]