草なぎ剛のピリピリ視線に、夏川結衣が「怖いんで、この辺で」とコメント切り上げ!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
これには理由があるんです-夏川結衣

 5日、東京・有楽町のTOHOシネマズスカラ座で映画『BALLAD 名もなき恋のうた』の初日舞台あいさつが行われ、主演の草なぎ剛新垣結衣夏川結衣筒井道隆武井証波岡一喜大沢たかお、そして山崎貴監督が登壇した。

映画『BALLAD 名もなき恋のうた』写真ギャラリー

 本作で息子(武井)とともに戦国時代にタイムスリップする母親を演じた夏川は、「無事に公開を迎えることができ、こうして共演者の皆さんに久しぶりに会えるのを楽しみにしていました」とあいさつしていたが、その途中から隣に立つ草なぎのピリピリした視線を感じ取り、「(隣から)すごいプレッシャーを感じるんですが……怖いんで、この辺で」とそそくさとコメントを切り上げた。

[PR]

 実は現在、草なぎと夏川はテレビドラマで共演中で、しかも物語が佳境に入る中、二人はかなり緊迫した関係を演じているのだ。「僕は何も責めていませんから。ただ、今はドラマの中で(夏川との間で)すごい戦いがあるんで」と草なぎ。客席が爆笑に包まれる中、夏川は「怖いですよねぇ……」と近づく草なぎを手で遠ざけるしぐさを見せ、再び観客を笑わせていた。

 一方、夏川にすっかり嫌われた(?)草なぎは「僕らの思いをすべて込めた作品。人を大切に思う気持ちってこういうことなのかなと僕自身も勉強になりました」と戦国時代を生き抜く武将を演じた感想をコメント。一時は本作の公開が危ぶまれただけに、無事に初日を迎えて人一倍感慨深い表情の草なぎだった。

 『BALLAD 名もなき恋のうた』は戦国時代が舞台で、小国の戦国武将(草なぎ)と美しい姫(新垣)の恋物語を軸に、その時代にタイムスリップしてしまった少年(武井)と、その家族(夏川、筒井)との心の交流を交えた壮大な時代劇ラブストーリー。

映画『BALLAD 名もなき恋のうた』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]