ジョン・ウーが『サムライ』のリメイクとマルコ・ポーロ映画を企画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョン・ウー監督

 ベン・アフレックが主演した2003年の映画『ペイチェック 消された記憶』以来、英語作品を製作していないジョン・ウー監督が2本の英語作品を企画していることが明らかになった。映画サイトMovielineが伝えたところによると、1967年のフランス映画『サムライ』のリメイクとマルコ・ポーロの映画を企画しているとのこと。『サムライ』は、ジャン=ピエール・メルヴィル監督がゴアン・マクレオの小説「ギャング」を脚色したギャング・アクション映画で、アラン・ドロン演じるサムライのように生きる一匹狼の殺し屋を描いているフィルム・ノワールの傑作だ。ジョン監督は『サムライ』をおおまかに基にして1989年の映画『狼/男たちの挽歌・最終章』を製作したが、20年経った今「現代映画として製作したいんだ」と説明している。

 ルスティケロ・ダ・ピサの「東方見聞録」で知られる13世紀のヴェネツィアの商人、旅行家であるマルコ・ポーロの映画は歴史大作として企画していて、ジョン監督は「マルコ・ポーロとモンゴル帝国皇帝のクビライの関係の話が私のお気に入りだ」と話している。どちらの映画にしても、ジョン・ウー監督独特の映像美を生かす作品になりそうで期待できそうだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]