スピルバーグの伝記映画『リンカーン』をリーアム・ニーソンが降板か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
年をとりすぎた……。-リーアム・ニーソン

 映画『シンドラーのリスト』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたリーアム・ニーソンが、再びスティーヴン・スピルバーグとタッグを組む予定だった伝記映画『リンカーン / Lincoln』(原題)を降板することになったようだ。

リーアム・ニーソン出演映画『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』写真ギャラリー

 これは、リーアム自身がDigital Spyに報告したことで明らかになった。リーアムは、2005年に第16代アメリカ合衆国大統領であったエイブラハム・リンカーン役を依頼されて以来、ずっとこの映画に参加する予定だったが、ハリウッドでも多忙を極めるスピルバーグのこの作品は、当初の製作予定からずっと長引いたまま、なかなか製作できずにいた。

[PR]

 そこで今回、リーアムは「今、わたしはリンカーンを演じることはない。ずっとしばらく、この映画にかかわってきたが、リンカーンを演じるには年をとり過ぎてしまった」とコメントを残し、現在58歳であるリーアムが、56歳で亡くなったリンカーンを、これから演じるのはふさわしくないと降板を決意したようだ。

 そしてつい最近、彼は映画『プレシャス』の監督リー・ダニエルズがメガホンを取ることになっている公民権運動を描いた映画『セルマ / Selma』(原題)で、同じくアメリカ合衆国大統領だったリンドン・ジョンソンを演じることが決まったばかりだ。

 一方、スピルバーグは2011年に公開予定の映画『ザ・アドベンチャーズ・オブ・ティンティン:シークレット・オブ・ザ・ユニコーン / The Adventures of Tin Tin: Secret of the Unicorn』(原題)や映画『ウォー・ホース / War Horse』(原題)で現在は忙しい。そのため、その2作の撮影が終わってから、もしこの『リンカーン / Lincoln』(原題)の撮影に取りかかっても、再び新たな俳優を選択するか、もう一度リーアムを説得することになるだろうから、いずれにしろ『リンカーン / Lincoln』(原題)が完成するまでには、まだまだ時間がかかることになりそうだ。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]