スティーヴン・スピルバーグが、ロボット反乱後の人類の運命を描いた黙示録映画を製作!監督の可能性も?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
待望のスティーヴン・スピルバーグ監督新作! - Jesse Grant / WireImage / Getty Images

 映画『シンドラーのリスト』や『E.T』など数多くの名作を手掛けてきたスティーヴン・スピルバーグが、ドリームワークスのもとで新作『ロボポカリプス / Robopocalypse』(原題)の製作を企画していることを発表し、自らがメガホンを取る可能性があることもDarkHorizons.comによって明らかになった。

 同作は、2011年に発売予定のダニエル・H・ウィルソンの小説で、ロボット反乱後の人類の運命を描いた黙示録映画だそうだ。ダニエルは、ロボット工学で博士号を持った人物で、かなり信憑性の高いロボット技術をもとに製作されると思われる。

 脚本家は、映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』のドリュー・ゴダートが執筆し、もしスピルバーグが監督すれば、映画『ウォー・ホース / War Horse』(原題)の製作後に、メガホンを取ることになる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]