スティーヴン・ソダーバーグが、60年代のテレビドラマ「0011ナポレオン・ソロ」の映画版の監督候補に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
決定すれば、人気俳優が集まりそう? -スティーヴン・ソダーバーグ監督 - George Pimentel / WireImage / Getty Images

 映画『インフォーマント!』や映画『オーシャンズ』シリーズなどでお馴染みのスティーヴン・ソダーバーグ監督が、60年代にヒットしたテレビドラマ「0011ナポレオン・ソロ」の映画版の監督交渉をワーナー・ブラザーズと行っていることが、ハリウッド・リポーターによって明らかになった。

スティーヴン・ソダーバーグ監督映画『フィクサー』写真ギャラリー

 同作は、国際機密機関U.N.C.L.E(アンクル)の諜報員の活躍を描いたスパイ・アクション。プレイボーイのナポレオン・ソロと堅物のクリアキンが、世界征服を企む謎の組織THRUSH(スラッシュ)と戦うという作品。

[PR]

 テレビシリーズの「0011ナポレオン・ソロ 」は1964~68年まで放送され、ジェームズ・ボンドの生みの親であるイアン・フレミングも、このシリーズにアイデアを提供していたことがある。

 映画版の脚本は、当初マックス・ボレンスタインが執筆し、監督は映画『ブラザーサンタ』のデヴィッド・ドブキンがメガホンを取る予定だったが、ドブキンが監督を降板してプロデューサーを担当することになり、脚本も新たに映画『プレデターズ』のジョン・デイヴィスと『インフォーマント!』のスコット・Z・バーンズが改稿することになった。

 ただソダーバーグ監督には、撮影を終えて編集段階にある映画『ヘイワイア / Haywire』(原題)と現在撮影している映画『コンテイジョン / Contagion』(原題)があるため、撮影は早くても来年の後半になりそうだ。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]