フェルナンド・メイレレス監督の新作、ロンドン映画祭でオープニング上映

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フェルナンド・メイレレス監督 - Carlos Alvarez / Getty Images

 映画『シティ・オブ・ゴッド』で知られるフェルナンド・メイレレス監督の新作『360(原題)』が、10月に開催される第55回BFIロンドン映画祭でオープニング上映されることが決まった。

 この作品は、ロンドン、ウィーン、デンバーという3つの都市を舞台にしたドラマで、映画『フロスト×ニクソン』のピーター・モーガンが脚本を、レイチェル・ワイズジュード・ロウアンソニー・ホプキンスが出演している。

 当初、サッチャー元英国首相の姿を描くメリル・ストリープ主演の映画『ジ・アイロン・レディ(原題)/The Iron Lady』がオープニング作品の候補として挙がっていたが、スケジュール調整がつかなかった。

 第55回BFIロンドン映画祭は10月12日から27日まで開催される。(竹内エミコ)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]