コッポラ監督最新作、日本公開決定!邦題は『Virginia/ヴァージニア』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ついに日本公開決定! - コッポラ監督最新作『Virginia/ヴァージニア』より - (c) Zoetrope Corp.2011

 映画『地獄の黙示録』『ゴッドファーザー』三部作など、映画界に多大な功績を残してきた巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督の『Virginia/ヴァージニア』(『トゥイクスト(原題) / TWIXT』)が、ついに日本で公開されることになった。

映画『ゴッドファーザー デジタル・リマスター版』写真ギャラリー

 コッポラ監督の最新作となる本作は、のろわれた街を訪れた小説家が、謎の少女V.(ヴィー)や作家エドガー・アラン・ポーの幻影に導かれながら、現在と過去、二つの事件の真相をひもといていくというゴシック・ミステリー。

[PR]

 主人公の小説家には、バットマンを演じたこともある『トップガン』のヴァル・キルマー、彼を導く謎の少女には『SUPER 8/スーパーエイト』のかれんなヒロイン、エル・ファニングがふんする。謎の少女というだけあって本作では、白いゴシック調のドレスを着て、真っ白な顔に、目元・ほお・唇に紅を乗せた幻想的な雰囲気のエルを見ることができる。

 近年『コッポラの胡蝶の夢』や『テトロ 過去を殺した男』など、精力的に作品を生み出してきたコッポラ監督が、あらゆるミステリーの原点である作家エドガー・アラン・ポーをモチーフにして挑んだ本作。コッポラ監督らしい重厚な絵作りを劇場の大スクリーンで堪能できるという今回のニュースは、ファンにとってたまらないものといえるだろう。(編集部・市川遥)

映画『Virginia/ヴァージニア』は今夏、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]