臼田あさ美、最新作で監督と戦争!?主演を務めた最新作について語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主演を務めた臼田あさ美

 第17回釜山国際映画祭でワールド・プレミア上映されたオフィス北野最新作『桜並木の満開の下に』で、主人公・栞(しおり)を演じた臼田あさ美が、メガホンを取った舩橋淳監督と激しく意見をぶつけ合ったという本作の役づくりについて語った。

映画『桜並木の満開の下に』写真ギャラリー

 本作で臼田が演じたのは、同僚であり夫である研次(高橋洋)を作業中の事故で失ったプレス工場で働く女性・栞。舩橋監督から合言葉のように「淡々とお願いします」と言われたという撮影を、臼田は「難しい問題がどんどん降り掛かってくるので、演じていくうちに感情的になってしまい、それを押し殺して演じるのは本当に苦しかったです」と振り返る。

[PR]

 さらに舩橋監督は、孤独なキャラクターを演じる臼田のために、他の役者たちに「臼田あさ美には近づくな、距離をとっておけ」と指示したそう。臼田は「一人で戦っている」と感じながら撮影に挑むことになったといい、「演技することは好きですし楽しいけれども苦しいこともありますね。だから演じながらすごい仕事をやっているなと自分でも思いました」と本作への出演で女優業の酸いも甘いも知ったことを明かす。

 「俺はこう思うけど、どう思う?」と舩橋監督に意見を求められ、激論を交わしながら栞というキャラクターをつくり上げていったという臼田は「『受け入れる』ということが彼女のテーマなんです。他人を受け入れることは、実は自分を受け入れることであり、赦(ゆる)すことから彼女の人生がもう一度始まるのだと思います」と栞について語る。

 臼田と舩橋監督の激論は、共演の三浦貴大が「いやあ、もう戦争が起こるんじゃないかと思ったよ」と言うほどだったそうで、そのかいあってか、臼田は「(映画では、)栞の意志が現れる瞬間も表現できた」と本作への自信を明かした。『桜並木の満開の下に』は、一つのラブストーリーの中に、大きなテーマを内包している作品。「ラストシーンも最近の日本の映画らしくないと思います。結論を断定しない形で描いているのも本作の魅力です」と笑顔で見どころをアピールした。(取材・文:芳井塔子)

映画『桜並木の満開の下に』は2013年春公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]