3D版『ヘラクレス』の監督に『ダイ・ハード2』レニー・ハーリン!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レニー・ハーリン監督 - Cindy Ord / Getty Images

 ドウェイン・ジョンソン主演、映画『ラッシュアワー』シリーズのブレット・ラトナー監督で製作が進められている映画『ヘラクレス:ザ・トラキアン・ウォーズ(原題) / Hercules: The Thracian Wars』のほかに、もう1本ヘラクレスの映画が作られることになった。映画『ダイ・ハード2』や『ディープ・ブルー』のレニー・ハーリンが監督するとThe Hollywood Reporterが伝えた。

レニー・ハーリン監督映画『ダイ・ハード2』フォトギャラリー

 映画『エクスペンダブルズ』シリーズなどの製作会社ミレニアム・フィルムスが手掛けるのは、3D版の『ヘラクレス(原題) / Hercules』で、予算7,000万ドル(約56億円・1ドル80円計算)の大作になる予定。ラトナー監督の『ヘラクレス:ザ・トラキアン・ウォーズ(原題)』の全米公開が2014年8月8日にセットされており、それよりも前の2014年5月の公開を狙っているという。

[PR]

 ハーリン監督は「マンガやファンタジーアニメの類いの作品じゃない。空飛ぶ英雄というより、『グラディエーター』に近いテイストの映画になるよ」とコメント。また、ほぼ同時期に同テーマの作品が公開されることについて「ヘラクレスは、ディズニーアニメ映画にもなっているし、さまざまな解釈で描かれることが可能な人物だ。もう一つのヘラクレス映画のスタッフたちにも、どうか頑張ってほしいと思うよ。ギリシア神話には、無限の素晴らしいストーリーがあるからね。どちらも成功を収めればいいと思う」と前向きに話している。

 現在、主演のヘラクレス役を含めた主要な登場人物8名のキャスティングが進行中で、今年5月の撮影開始を目指しているとのことだ。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]