ヴィンセント・ギャロ、日本映画初出演!佐藤浩市&香取慎吾らと『人類資金』で共演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『人類資金』で日本映画初出演を果たすヴィンセント・ギャロ - (C)2013「人類資金」制作委員会

 佐藤浩市香取慎吾らが出演する、阪本順治監督の最新作『人類資金』で、『バッファロー'66』『ブラウン・バニー』などで知られるアメリカの映画監督で俳優のヴィンセント・ギャロが、日本映画初出演を果たしたことがわかった。また公開日も10月19日に決定した。

 同作は、戦後史最大のタブーとされる「M資金」をテーマにしたサスペンス大作。「M資金」とは、旧日本軍が秘匿した金塊・財宝をベースにした秘密基金で、戦後GHQが管理下に置いた押収資産の流れに不透明な部分があることから、存在がうわさされるようになった。本作では、そのうわさを利用した詐欺を繰り返してきた詐欺師・真舟雄一(佐藤)が、謎の男・M(香取)から持ちかけられた「M資金」強奪計画に挑む姿を描く。

 ギャロがふんするのは、佐藤演じる真舟らを追い詰めるニューヨーク投資銀行員ハロルド・マーカス。撮影では11分にもわたるワンカットシーンにも挑戦し、佐藤と香取に加え、森山未來観月ありさと共演。時にアドリブを交えた見事な立ち振る舞いには、現場のほぼ全員が魅了されていたという。

[PR]

 ギャロの監督作から「相反するものをいくつも自身の中に抱え、常に本当の居場所を求めてさまよう」イメージを想像したという阪本監督は、「それが役のハロルドの孤立感と重なり合った」と出演の理由を説明。小津安二郎監督のファンで、グンゼ株式会社のブリーフを愛用するなど親日家でもあるギャロは、日本のクルーとの仕事を心から喜んでいたといい、阪本監督は「彼の放つ異彩は、一気にハロルドの架空性を消し去り、怖れさえ覚えました。心底、ヴィンセントに感謝しています」と述べている。

 本作にはそのほか、岸部一徳、韓国人俳優ユ・ジテ、オダギリジョー寺島進三浦誠己石橋蓮司豊川悦司仲代達矢など豪華キャストが出演。日米の実力派俳優によって繰り広げられる緊張のマネーゲームに、一層の期待がかかる。(編集部・入倉功一)

映画『人類資金』は10月19日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]