ロンドン五輪ジェームズ・ボンド役のスカイダイバーが事故死

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マーク・サットンさんがジェームズ・ボンド役を務めたロンドン五輪開会式のパラシュート降下 - Michael Regan / Getty Images Sport

 2012年のロンドンオリンピック開会式で『007』シリーズのジェームズ・ボンドにふんしたスカイダイバーのマーク・サットンさんが現地時間14日、スカイフライング中の事故で死去した。41歳。

ダニエル・クレイグがボンド役!『007/慰めの報酬』フォトギャラリー

 The Sunなどによると、マークさんは滑空用のジャンプスーツであるウイングスーツを着用したスカイフライングの最中、フランスとの国境に程近いスイス・バレー州で山の尾根に墜落。その後、死亡が確認された。警察によると、墜落の原因はまだわかっていないという。

 もともと英国陸軍の所属だったマークさんの名前を世界中に知らしめたのは、2012年7月に開催されたロンドンオリンピック開会式。同開会式では、ダニエル・クレイグふんするジェームズ・ボンドが英国女王エリザベス2世と共にオリンピックスタジアムの上空からパラシュートで降下するという演出が話題になったが、そのとき、実際にボンドとしてパラシュートで降下してきたのがマークさんだった。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]