2014年全米脚本家組合賞の映画部門ノミネーションが発表!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
俺らはノミネートされたみたいだぜ! - 『アメリカン・ハッスル』よりクリスチャン・ベイル(左)とジェレミー・レナー - Aby Baker / Getty Images

 2014年全米脚本家組合(WGA)賞の映画部門のノミネーションが発表されたが、ノミネートを逃した作品も多いことが逆に話題となっている。

ノミネートされた映画『アメリカン・ハッスル』写真ギャラリー

 すでにいくつかの賞でノミネーションを獲得し、WGAにもノミネートされるのが確実視されていた『インサイド・ルーウィン・デイヴィス(原題) / Inside Llewyn Davis』がノミネートを逃したほか、『イナフ・セッド(原題) / Enough Said』『大統領の執事の涙』もノミネートはされなかった。

[PR]

 Varietyによると、この賞はWGAの労働契約に基づいて製作された映画のみを対象にしているため、映画『それでも夜は明ける』『あなたを抱きしめる日まで』『ラッシュ/プライドと友情』などは注目作ながらもノミネート対象外とされたという。

2014年全米脚本家組合賞の主なノミネート作品は下記のとおり。(澤田理沙)

オリジナル脚本賞
『アメリカン・ハッスル』
『ブルージャスミン』
『ダラス・バイヤーズクラブ』
『ハー(原題) / her』
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

脚色賞
『8月の家族たち』
『ビフォア・ミッドナイト』
『キャプテン・フィリップス』
『ローン・サバイバー』
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]