ロバート・レッドフォードがアメリカの名司会者ダン・ラザーに挑戦!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
名司会者役に挑戦! - ロバート・レッドフォード - Andrew H. Walker / Getty Images

 名優ロバート・レッドフォードが、新作『トゥルース(原題) / Truth』で、アメリカの名司会者ダン・ラザー役に挑戦することが、The Hollywood Reporterや複数のメディアによって明らかになった。

ロバート・レッドフォード出演!映画『オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~』写真ギャラリー

 本作は、チャンネルCBSの番組「60 Minutes」のプロデューサー、メアリー・メイプスが2005年に執筆した自叙伝「トゥルース・アンド・デューティー:ザ・プレス、ザ・プレジデント、アンド・ザ・プリビレッジ・オブ・パワー(原題) / Truth and Duty: The Press, the President, and the Privilege of Power」を基に映画化する予定の作品。監督は、映画『ゾディアック』の脚本家ジェームズ・ヴァンダービルトが務め、脚色も担当することになっている。製作はミソロジー・エンターテインメントのもとで行われる。

[PR]

 そのストーリーは、ダン・ラザーが2004年にジョージ・W・ブッシュの軍歴詐称をレポートした際に、後に詐称の証拠とされた文書が偽造されたものだと判明し、番組で謝罪したもの。2005年にCBSはダン・ラザーと契約を更新せず、事実上番組の降板に追い込まれ、2006年にCBSを退社した。

 そしてこのたび、キャストにはダン・ラザー役をロバート・レッドフォードが、さらにメアリー・メイプス役を映画『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェットが演じることになった。

 話題性十分の作品なため、楽しみな作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]