シャイア・ラブーフ&ジェシー・アイゼンバーグ、『ハングオーバー』シリーズの監督とタッグか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シャイア・ラブーフとジェシー・アイゼンバーグ - Hannes Magerstaedt / Getty Images(右)

 映画『ハングオーバー』シリーズで一躍注目を浴びたトッド・フィリップス監督が手掛ける新作『アームズ・アンド・ザ・ドゥーズ(原題)/ Arms and the Dudes』で、シャイア・ラブーフジェシー・アイゼンバーグが出演交渉に入っていることがThe Hollywood Reporterほか複数メディアで報じられた。

ジェシー・アイゼンバーグ出演最新作!映画『嗤う分身』フォトギャラリー

 本作は、トッド・フィリップスの製作会社グリーン・ハット・フィルムズが、ワーナー・ブラザースのもと企画している作品で、トッド監督はメガホンを取るだけでなく、脚本も映画『ラッキーナンバー7』のジェイソン・スマイロヴィックと共同執筆する。そしてこのたび、映画『トランスフォーマー』シリーズのシャイア・ラブーフ、映画『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグが出演交渉に入った。

[PR]

 そのストーリーは、マイアミビーチ出身の2人のストーナー(大麻を常時吸っている人)が、米国政府の武器商人となった経緯を記したローリング・ストーン誌の記者ガイ・ローソンの記事を基に映画化する。

 シャイア・ラブーフとジェシー・アイゼンバーグの共演が決定すれば、興味深い化学反応を起こしそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]