ダニエル・クレイグ、『007』最新作の撮影中にケガ…すでに復帰

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オーストリアで行われた『スペクター(原題)』のフォトコールより、ダニエル・クレイグ - Hetfleisch / Getty Images

 俳優のダニエル・クレイグが、『007』シリーズ24作目となる最新作『スペクター(原題) / Spectre』の撮影中に、膝にけがを負っていたことがThe Guardianによって明らかになった。

【動画】キャラクター心理を深く掘り下げたシリーズ23作目『007 スカイフォール』

 主人公のジェームズ・ボンドを演じるダニエルは先週初め、ロンドンのパインウッドスタジオでアクションシーンの撮影中に、膝を捻挫。そのため撮影は一時中断となり、エキストラたちは家に帰されてしまったとのこと。しかし、Deadlineによると、現地時間7日にダニエルは現場に復帰し、撮影は再開されたといい、スケジュールに大きな影響は及ばなかったようだ。

 『スペクター(原題)』は、今年10月23日よりイギリスで公開され、11月6日から全米公開される予定。(鯨岡孝子)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]