『96時間』リーアム・ニーソン、2年後にアクションを引退か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
現在62歳のリーアム・ニーソン - Clemens Bilan / Getty Images

 映画『シンドラーのリスト』や『マイケル・コリンズ』で演技派俳優として高い評価を受け、『96時間』シリーズの大ヒット以降は『フライト・ゲーム』『誘拐の掟』、そして5月16日より日本公開される『ラン・オールナイト』などの作品でアクション俳優としても活躍してきたリーアム・ニーソンが、あと2年でアクション俳優は引退するかもしれないとThe Guardianによるインタビューの中で語った。

【動画】リーアム・ニーソンがエド・ハリスに命を狙われる!『ラン・オールナイト』予告編

 『96時間』シリーズの成功を受け、リーアムの下には数多くのアクション映画の脚本が送られてきており、光栄に思っているものの「当然、限界はある。僕の場合、おそらくあと2年だろう。神のお守りがあり、健康でいればね。でも、その後はアクションはやめようと思っているよ」とコメントしている。

 リーアムの新作アクション映画『ラン・オールナイト』は、リーアム演じる殺し屋が、長年の親友でマフィアのボスの息子を殺してしまい、命を狙われるというストーリー。リーアムは、62歳とは思えない軽い身のこなしで、自身よりもはるかに若い共演者たちと華麗なアクションシーンをこなしている。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]