女性版『ゴーストバスターズ』クリス・ヘムズワースが秘書役!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クリス・ヘムズワースが秘書役! - Jason LaVeris / Getty Images

 ホラーコメディーの傑作『ゴーストバスターズ』を、女性を主人公にしてリブートする新作映画に、『マイティ・ソー』シリーズなどのクリス・ヘムズワースが出演することがわかった。メガホンを取るポール・フェイグ監督がツイッターで明らかにした。

オリジナル版『ゴーストバスターズ』フォトギャラリー!

 フェイグ監督は自身のツイッターで、クリスの写真を「われわれの秘書」というコメントと共にツイート。オリジナル版での秘書は女優アニー・ポッツが演じていたが、リブート版では女性がゴーストバスターズにふんするということで、クリスが秘書役に抜てきされたようだ。

[PR]

 女性ゴーストバスターズとしてすでに、同監督が手掛けた『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』のメリッサ・マッカーシークリステン・ウィグ、テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」のケイト・マッキノン、コメディアンのレスリー・ジョーンズの4人の出演が決定している。ストーリーの詳細などは明らかになっていないが、2016年7月22日の全米公開を予定している。

 また今回の女性キャスト版とは別に、オリジナル版と同様に男性キャスト主演でリブートするという報道も今年3月にあった。そちらでは、俳優のチャニング・テイタムと、彼と親交の深いリード・カロリンとピーター・キアナンらがプロデューサーを務め、メガホンを取るのは『キャプテン・アメリカ』シリーズ第2・3弾のアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟、脚本を執筆するのは『アイアンマン3』のドリュー・ピアースと伝えられていた。(編集部・石神恵美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]