高良健吾が芥川龍之介の幽霊役!二階堂×大杉×真木『蜜のあわれ』で「不思議な喜び」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「幽霊役も来るようになったかと不思議な喜びも感じました」とコメントした高良健吾

 二階堂ふみ主演で文豪・室生犀星の小説を映画化した『蜜のあわれ』に、高良健吾芥川龍之介の幽霊役で出演していることが明らかになった。

二階堂ふみが金魚に!?『蜜のあわれ』写真

 同作は、室生が理想の女性をつづったとされる変幻自在の金魚の姿を持つ少女・赤子と老作家の物語を、映画『ソレダケ/that's it』『シャニダールの花』などの石井岳龍監督が映画化した文芸ファンタジー。二階堂が赤子を、大杉漣が赤子と一緒に暮らす老作家を熱演し、老作家の過去の女で二人と三角関係になる怪しげな幽霊・田村ゆり子に真木よう子がふんしている。

[PR]

 そして、真木同様に「幽霊」の芥川(役名:アクタガワ)を演じるのは高良。10代の頃に石井監督の作品に「頭を撃ち抜かれた」記憶があるという高良は、「幽霊役も来るようになったかと不思議な喜びも感じました」と心境を明かしている。

 石井監督はこの役には最初から高良しか考えられなかったそうで「どうしてもとプロデューサーに無理強いしました」と告白。高良について「努力家でじっくり役をつかんでいくタイプですね。久々にキレた方向の役だと思いますが、国民的作家の元祖が、あの世からよみがえり、鋭くすべてを射抜くような眼力で狂的な熱を発し微笑む姿を、静かに熱演してくれています。圧巻です」と自信をのぞかせている。映画『蜜のあわれ』は2016年公開。(編集部・小松芙未)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]