『ブラック・スキャンダル』のスコット・クーパー監督が新たなジェームズ・ボンド系作品を企画!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スコット・クーパー - Dominique Charriau / WireImage / Getty Images

 映画『クレイジー・ハート』『ブラック・スキャンダル』のスコット・クーパーが、新作『ホワイト・ナイト(原題) / White Knight』で監督兼脚本の交渉に入っていることがDeadlineほか複数メディアで報じられた。

【写真】ジョニデのハゲ頭!スコット・クーパー監督作『ブラック・スキャンダル』

 本作は、映画『フューリー』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のジョン・レッシャーベン・アフレック主演の新作『ジ・アカウンタント(原題) / The Accountant』のマーク・ウィリアムズが、ワーナー・ブラザースのもと企画している作品。クーパーに決定すれば、映画『ジャッジ 裁かれる判事』のビル・ドゥビュークが執筆した脚本を改稿し、さらにメガホンも取ることになるようだ。

[PR]

 そのストーリーは、不祥事を起こしたシークレット・サービス・エージェントが、武器商人の家族を保護したことで、CIAに追われるハメになるというもの。『007』シリーズのジェームズ・ボンドや、『ボーン』シリーズのジェイソン・ボーンを描いたような映画になるそうだ。

 クーパーは、もともと俳優だったが監督に転身し、『クレイジー・ハート』では、ジェフ・ブリッジスにアカデミー賞主演男優賞をもたらした。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]