J・J・エイブラムス最新作!謎の存在に襲われる衝撃映像!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
正体不明の謎の存在が主人公・ミシェルを襲う - (C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムスが、製作を務めた最新作『10 クローバーフィールド・レーン』より新たな映像が公開され、謎に包まれていた正体不明の何かが、主人公の女性を襲う衝撃シーンがお披露目になった。

 『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008年)と同様の流れを組みそうなタイトルだが、正統な続編という発表はされていない本作は、徹底した秘密主義で知られるエイブラムスがプロデュースする異色スリラー。「きみを救うためにここへ連れてきた」と話す、見知らぬ男・ハワードと地下シェルターで共同生活をすることになった女性・ミシェル。逃げ込んできた男・エメットと3人で暮らしていたが、疑心暗鬼になったミシェルはシェルターから逃げ出そうとする。

 公開された映像は、シェルターで目を覚ますミシェルに「襲撃された 人類は滅亡した」とハワードが語るところから始まる。次のシーンで映るのは、ハワードの制止も聞かず、外の世界へ脱出したミシェルの姿。さらに映像の中盤からは、「奴らは あらゆるフォームでくる」というコピーが流れ、空に浮かぶ人知を超えた飛行物体や、生物のような謎の動く物体がミシェルを襲う衝撃的な場面が収められている。

[PR]

 主人公のミシェルにふんするのは、『ダイ・ハード4.0』でブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーン刑事の娘・ルーシーを演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッド。『アルゴ』などのジョン・グッドマンがハワード、『ショート・ターム』のジョン・ギャラガー・Jrがエメットを演じる。本作で長編映画デビューを果たしたダン・トラクテンバーグがメガホンを取り、予想のつかない謎めいた世界を描き出す。(編集部・小泉裕嗣)

映画『10 クローバーフィールド・レーン』は6月17日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]