ディズニー実写『くまのプーさん』後日譚、ユアン・マクレガー主演か!

大人になったクリストファー・ロビンは一体どんな感じ?
大人になったクリストファー・ロビンは一体どんな感じ? - Walt Disney Home Video / Photofest / ゲッティ イメージズ

 米ディズニーが『くまのプーさん』に登場する少年クリストファー・ロビンのその後を実写化する新作映画『クリストファー・ロビン(原題) / Christopher Robin』で、『トレインスポッティング』シリーズなどのユアン・マクレガーが主演として交渉中だと The Hollywood Reporter が報じた。

ユアン、実写版『美女と野獣』にも!【キャラ写真】

画像テキスト
ユアン・マクレガー! - Randy Holmes / ABC via Getty Images

 ユアンが主演に決まれば、かつてプーの友達だった少年クリストファーが大人になった姿を演じることになる。大人になって想像力を失い、仕事と成功だけを気にするビジネスマンになったクリストファーが、家庭崩壊の危機に陥ってしまったことで、プーの助けを借りるというストーリーになるそう。

[PR]

 メガホンを取るのは『ワールド・ウォー Z』や『ネバーランド』のマーク・フォースター監督。脚本については、サンダンス映画祭などで注目された『リッスン・アップ・フィリップ(原題) / Listen Up Philip』のアレックス・ロス・ペリーが初稿を執筆し、『スポットライト 世紀のスクープ』で監督・脚本を務め見事アカデミー賞作品賞&脚本賞をW受賞したトム・マッカーシーがその後を引き継ぎ、さらにはNASAで活躍した実在の黒人女性たちを描いた『ヒデン・フィギュアーズ(原題)』でアカデミー賞脚色賞にノミネートされていたアリソン・シュレーダーが手を加えるという気合いの入れようだ。

 一方、フォックス・サーチライト・ピクチャーズの下では、原作「クマのプーさん」の作者であるA・A・ミルンと、その名の通りクリストファー・ロビンのモデルになった実の息子クリストファー・ロビン・ミルンの関係を描く映画『グッバイ・クリストファー・ロビン(原題) / Goodbye Christopher Robin』の企画が進んでいる。こちらでは『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』で共演したドーナル・グリーソンマーゴット・ロビーがそれぞれ、クリストファー役とその妻ダフネ役を務め、『マリリン 7日間の恋』のサイモン・カーティスが監督に決まっている。(編集部・石神恵美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]