女性初ならず『ブレードランナー 2049』受賞!全米撮影監督協会賞

撮影監督ロジャー・ディーキンスが『ブレードランナー 2049』で4度目の受賞!
撮影監督ロジャー・ディーキンスが『ブレードランナー 2049』で4度目の受賞! - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画撮影技術における優れた実績を表彰する第32回全米撮影監督協会(ASC)賞が発表され、映画『ブレードランナー 2049』の撮影監督ロジャー・ディーキンスが4度目の受賞を果たした。

【動画】ハリソン・フォード来日!台風直撃で日本を満喫できず…

 ディーキンスがノミネートされたのは15度目で、過去に『ショーシャンクの空に』『バーバー』『007 スカイフォール』でASC賞を獲得し、2011年には生涯功労賞も受賞している。32年のASC賞史上初めて女性撮影監督が長編映画部門でノミネートされた『マッドバウンド 哀しき友情』のレイチェル・モリソンは惜しくも受賞を逃した。

[PR]

 テレビ部門では「ザ・クラウン」のシーズン1第5話「板挟み」のアドリアーノ・ゴールドマン、「12モンキーズ」シーズン3第9話「泥棒」のボリス・モイソフスキ、「ジーニアス:世紀の天才 アインシュタイン」シーズン1第1話「第一章」のマシアス・ハーンドルに賞が贈られている。

 The Hollywood Reporter などによると、プレジデンツ・アワードを受賞したスティーヴン・ライトヒルは今年99人の女性撮影監督がAFI(アメリカ映画協会)を卒業する予定であるとスピーチ。いつの日か、性別に関係なく誰もが「撮影監督」の肩書だけになる日を楽しみにしていると語った。(澤田理沙)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]