シネマトゥデイ

岩田剛典、やんちゃな少年に神対応

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イベント中、噛むと「かわいい」の悲鳴が!

 岩田剛典(EXILE /三代目 J Soul Brothers)が20日、都内で行われた主演映画『去年の冬、きみと別れ』春休み直前!イベントに共演者の土村芳と登壇。土村との撮影秘話を披露するなかで思わぬハプニングが発生。機転を利かせた神対応で場内を沸かせた。

【動画】岩田剛典のハニカミ笑顔に黄色い声!

 芥川賞作家・中村文則の同名小説の実写映画化した本作は、記者の耶雲恭介(岩田)が、天才カメラマンの木原坂雄大(斎藤工)が容疑者として浮上した、盲目の美女が巻き込まれた猟奇殺人事件の真相を追ううちに、深みにはまっていくさまを描いたサスペンス。

[PR]

 岩田は、本作のウリである「大どんでん返し」を「大どん返し」と噛み、ファンからの「カワイイ~」という黄色い悲鳴を浴びながら、「『最後まで結末が予想できなかった。驚いた』という感想が多いです」と反響の大きさを報告し、「手前味噌ですが、こんなにもおかわりできる映画はないんじゃないでしょうか」とにんまり。さらに、ほとんどの観客がリピーターと知ると「もっとおかわりください!」と呼び掛けた。

 この日は、鑑賞後のイベントとあり、映画の内容に沿ってトークを展開。土村演じる亜希子との公園や海辺での微笑ましいシーンについて話が及ぶと、岩田は「亜希子は盲目の女性なので、芝居中に目線が合うことが少なくて、緊張しなくていいぶん、めちゃガン見してました」と告白。続けて、「きめ細やかな肌をしているな……と思っておりました」と話し、土村を照れさせた。

 その言葉を受け、MCが「普段は目を合わせる演技は緊張されるんですか?」と質問すると、岩田は「そりゃしますよね。何センチかわからないけど、こんな至近距離で目を合わせることはなかなかないですからね」とシャイな一面をのぞかせ、ファンのハートをくすぐった。

 また、作品にちなんで「究極の愛の形」を尋ねられると、これまでの経験や反省から「自己犠牲の精神。その人のために命を懸けられるか? という自己犠牲は愛の形なのかな」と回答する岩田。そして、その愛の対象者は『メンバー』と明かすと、他のメンバーも「グループのことを考えていろいろ動いていると感じます。みんなグループ愛に満ちあふれています」と嬉しそうに語っていた。

 この日は、小さな男の子も来場していたが長時間の着席に我慢できなかったようで可愛いヤジが飛ぶ場面も。岩田は「元気だね!」と応え、場内が笑いに包まれた。(取材:錦怜那)

※映画を観る前の方にとって不適切な表現があったため修正しました。22:56

映画『去年の冬、きみと別れ』は公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]