『ドラえもん』強い!ピクサー新作おさえ3週連続1位!

映画週末興行成績

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
可愛くて強い!『ドラえもん』 - (C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

 国民的アニメシリーズ最新作『映画ドラえもん のび太の宝島』が、19日に興行通信社から発表された土日2日間(3月17~18日)の全国映画動員ランキングで3週連続1位を獲得した。

【写真】ドラえもん、可愛いすぎる~

 第90回アカデミー賞で長編アニメ映画賞・歌曲賞の2部門を獲得したディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』との激しい攻防戦を繰り広げ、日米アニメ対決を制した『映画ドラえもん』。先週末の成績は、動員38万8,000人、興行収入4億6,000万円を記録。3日に公開された同作は、18日時点で早くも動員199万6,003人、興収23億4,402万5,400円となった。

[PR]

 対する『リメンバー・ミー』は惜しくも2位となったが、土日2日間で動員36万8,000人、興収4億8,800万円。動員では2位になったものの、興収別のランキングでは堂々の1位に輝いた。これは2016年の大ヒット作『ズートピア』比で109%という数値となり、配給元も「最終興収76億円を記録した『ズートピア』超えの特大ヒットに期待がかかる」としている。客層は子供から20代~30代カップル、シニア層まで幅広く、映画のテーマに呼応するように、ファミリー層にも広く訴求した。16日の初日を合わせた3日間の成績は、動員46万3,383人、興収6億1,003万5,000円となった。

 競技かるたに打ち込む高校生を描いた末次由紀のヒットコミックを広瀬すず主演で実写化したシリーズの完結編となる『ちはやふる -結び-』は、動員20万9,962人、興収2億5,655万5,100円で3位に初登場。初日に行われたアンケートによると、客層の男女比は43.5対56.5で、女性がやや多め。年代別では16~19歳が26%、20代19.4%、13~15歳14.7%と続いた。また前作にあたる『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』を観たかという質問には88.1%が「どちらも観た」と答えたという。複数回答可の鑑賞動機としては「前作が好き」65.3%、「キャストが好き」56.4%、「原作コミックが好き」26.5%という結果となった。

[PR]

 人気シリーズ最新作『映画 プリキュアスーパースターズ!』は2日間で動員20万2,750人、興収2億2,623万6,600円をあげ、『映画プリキュア』シリーズ歴代ナンバーワンのスタート成績を8年ぶりに更新する大ヒットスタートとなった。配給元の東映は2004年に「ふたりはプリキュア」がテレビ放送を開始して以来、15年という節目の年に「最終興収10億円突破も狙える」と意気込んでいる。

 既公開作品では公開5週目の『グレイテスト・ショーマン』が5位に順位を下げたものの累計興収32億円に、公開3週目の『ブラックパンサー』が累計興収12億円に、アカデミー賞作品賞を獲得した『シェイプ・オブ・ウォーター』が累計興収6億5,000万円にそれぞれ数字を伸ばしている。

 今週末は『トゥームレイダー ファースト・ミッション』『ボス・ベイビー』『曇天に笑う』『女々演』『BPM ビート・パー・ミニット』『おみおくり』『サイモン&タダタカシ』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2018年3月17~18日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位

[PR]

1(1)『映画ドラえもん のび太の宝島』:3週目
2(初)『リメンバー・ミー』:1週目
3(初)『ちはやふる -結び-』:1週目
4(初)『映画 プリキュアスーパースターズ!』:1週目
5(3)『グレイテスト・ショーマン』:5週目
6(2)『北の桜守』:2週目
7(4)『ブラックパンサー』:3週目
8(5)『去年の冬、きみと別れ』:2週目
9(6)『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』:4週目
10(7)『シェイプ・オブ・ウォーター』:3週目

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]