スピルバーグ監督“スピルバーガー”のアイデアにNO

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
“スピルバーガー”をやんわりお断りスティーヴン・スピルバーグ監督 - Ian Gavan / Getty Images

 映画監督のスティーヴン・スピルバーグが、アメリカの大手ハンバーガーチェーンによる“スピルバーガー”販売のアイデアに「NO」と伝えた。

【動画】人気キャラが夢の共演!『レディ・プレイヤー1』予告編

 事の発端は25日、アメリカのファースフードチェーン「Carl's Jr.」の現地Twitterが、スピルバーグ監督の新作『レディ・プレイヤー1』の公開に敬意を表し、同社のハンバーガーのひとつ CHARBROILED SLIDER の商品名を SpielBurgers(スピルバーガー)に変えるとツイートしたこと。「スピルバーグの承認はまだですが、彼も問題ないとしてくれるでしょう」と呼びかけていた。

[PR]

 これに対して、映画を製作・配給する米ワーナー・ブラザースの現地公式アカウントは、「『レディ・プレイヤー1』を愛してくれてありがとう。でも、これは承認されないですね」と応援に感謝を示しつつもやんわりお断り。めげない Carl's Jr. の「大丈夫です! 映画のプレミアで直談判します!」というツイートに、「うーん……タキシードは持ってるんですか?」と返すなど、SNS上でやりとりを繰り広げた。

 そこにきて28日、スピルバーグ監督本人が、自身の制作会社アンブリン・エンターテインメントのTwitterアカウントにビデオメッセージを投稿。そのなかで「CHARBROILED SLIDER を“スピルバーガー”に改名するっていう話が気になっていたんだ。素晴らしいことだけど、辞退するよ。停止命令だ。それはできない。みんな、ごめんね」と笑顔で否定した。

 もちろん本気ではなく、同社の関係者は、The Hollywood Reporter に対して「スピルバーガーは同社のメニューではない」と証言し、映画の公開を祝うためのSNSを使用したPRの一環だったと語ったという。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]