木村拓哉、二宮和也と対立!『検察側の罪人』特報!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イケメンVSイケメン - (C) 2018 TOHO/JStorm

 木村拓哉が主演する映画『検察側の罪人』(8月24日)の特報映像が公開され、木村演じるエリート検事・最上と二宮和也)ふんする若き検事・沖野が対立していく様子がお披露目となった。

【動画】映画『検察側の罪人』特報映像

 「クローズド・ノート」「犯人に告ぐ」などの雫井脩介による同名小説を映画化した本作。都内で発生したある殺人事件によって最上と沖野が、互いの「正義とは何か?」で対立していく姿を描く。

[PR]

 この度お披露目された映像では、30秒という短い時間ながら、最上と沖野の人物像や、2人が対立していく緊張感みなぎるシーンの数々が映し出される。

 また、ポスタービジュアルは日本写真界の鬼才・荒木経惟が撮影。「アラーキー」の愛称で知られる荒木は、世界中の写真家に多大なる影響を与えてきた人物で、77歳になった今でもその手腕は世界トップレベル。撮影では、荒木が「そこに2人が一緒に立つことで、緊張感が生まれる。それを撮る」と提案。木村と二宮、2人同時に撮影が行われ、緊迫感あふれるポスターに仕上がっている。

 共演は、吉高由里子松重豊平岳大八嶋智人大倉孝二山崎努矢島健一音尾琢真TEAM NACS)、キムラ緑子芦名星山崎紘菜。メガホンを取ったのは、映画『駆込み女と駆出し男』『関ヶ原』の原田眞人監督。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]