是枝裕和監督『万引き家族』本編映像公開!和気あいあいの海水浴シーン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
海水浴に訪れ、ひと時の幸福を味わう家族 - (C) 2018 フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した映画『万引き家族』(6月8日公開)の本編映像が新たに公開された。映像では、犯罪で生計を立てる家族が海水浴を楽しむ場面が捉えられている。

『万引き家族』本編映像!海水浴を楽しむ家族【動画】

 今村昌平監督の『うなぎ』(1997)以来、21年ぶりに日本映画でパルムドール受賞を成し遂げた本作は、古い住宅街を舞台に、祖母・初枝(樹木希林)の年金を頼りに暮らす一家の物語。父子の連係プレーで万引きに手を染める日雇い労働者の治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)、母の信代(安藤サクラ)、JK見学店でバイトをしている信代の妹の亜紀(松岡茉優)と、治が連れ帰った少女のゆり(佐々木みゆ)。一家は貧しいながらも新たな家族を迎え幸せに暮らしていたが、ある事件をきっかけに引き裂かれていく。

[PR]

 公開された本編映像では、ある夏の一日、祖母を除く“家族”5人が、海水浴に訪れる場面が映し出される。初めて海に入るゆりを中心に、家族が手を繋いではしゃいだり、父の治が下着のまま海に入ったことを指摘して大きな声をあげたりと、楽しそうな様子を見ることができる。鎌倉の海を舞台にした『海街diary』に登場した、4姉妹が海辺で戯れる情景を彷彿させるシーンとなっている。

 当初、この海水浴のシーンは、屋外の撮影場所を探すためのロケハンを想定して撮影されたものだったとのこと。そのため顔合わせのみを行っていた出演者たちにとって、初めて撮影されたのが、この場面となった。ただ、このシーンを撮影したことが是枝監督に新たな発想をもたらすこととなり、本作で描こうとしていた家族像が定まっていく契機となったのだという。

 これまで過去作でもさまざまな家族を描き出してきた是枝監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る本作。公開日翌日の6月9日には『海街diary』(フジテレビ系「土曜プレミアム」、21:00~)、6月16日には『そして父になる』(同、21:30~)が放映予定となっており、是枝監督がキャリアを通じて描こうとしてきた“家族のかたち”を再確認することができそうだ。(編集部・大内啓輔)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]